日歴
星期天 星期壱 星期弐 星期参 星期肆 星期伍 星期陸
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
twitter

   熱烈推薦/RECOMMENDS-yesasia
    火鳳燎原39
   火鳳燎原 (Vol.39)
~ 陳某
   50巻まで出てますよ


熱烈推薦/RECOMMENDS
熱烈推薦/RECOMMENDS
熱烈推薦/RECOMMENDS
熱烈推薦/RECOMMENDS
熱烈推薦/RECOMMENDS
熱烈推薦/RECOMMENDS
熱烈推薦/RECOMMENDS
熱烈推薦/RECOMMENDS
熱烈推薦/RECOMMENDS
熱烈推薦/RECOMMENDS
熱烈推薦/RECOMMENDS
熱烈推薦/RECOMMENDS
熱烈推薦/RECOMMENDS
熱烈推薦/RECOMMENDS
熱烈推薦/RECOMMENDS
熱烈推薦/RECOMMENDS
熱烈推薦/RECOMMENDS
熱烈推薦/RECOMMENDS
正史三国志群雄銘銘伝
正史三国志群雄銘銘伝 (JUGEMレビュー »)
坂口 和澄
内容が濃ゆくてステキです
熱烈推薦/RECOMMENDS
熱烈推薦/RECOMMENDS
熱烈推薦/RECOMMENDS
絵本通俗三国志 (第1巻)
絵本通俗三国志 (第1巻) (JUGEMレビュー »)
羅 貫中, 湖南文山, 葛飾 戴斗, 落合 清彦
ホントはこれのフルカラー版の「完本三国志」のほうが欲しかったり
話題選択/SELECTED ENTRY
範疇/CATEGORIES
存档/ARCHIVES
鏈接集/LINKS
自我介紹/PROFILE
其他/OTHERS

■当博客(ブログ)はリンクフリーです■

江東タワー Powered by KCTξ

漢語とパンと時々、馬超
萌えをたずねて三国志
*呉の孫策・凌統、蜀の馬超・馬岱ファンです*
<< 人生がときめく馬超の魔法 | main | ケンタウロスの残った方について考えてる馬超 >>
最速馬超研究会
今晩和きっかわです。

今更ですが、三國無理双人気投票第9回開始しました。気が向かれたら投票していただけると、嬉しいです。24時間に1回投票できますので。まー、好きな武将にプチっと投票して自己満足するコーナーです。

■無双6中文版の発見
あれから見てみたんですが、馬岱ちゃんは確かに若に敬語「您」を多用していますが、他の人にも言ってました……すいませ

そういえば「袁家討伐戦」のムービー
馬岱ちゃんは、郭嘉のことを「郭嘉軍師」と呼んでますが

若は「閣下」と呼んでいる

閣下て……デーモン閣下のようだ

===============================
さて、懲りずに馬岱研究です。引き続き興味のない方はスルーでお願いします

第3回「馬岱の子孫」

ここ最近三国志の武将の子孫の話題とかちらちら見たりもするんですが(作家陳舜臣さんは陳羣さんの子孫とか、曹操の70代目子孫の話とか関羽兄の子孫が家系譜トイレ紙に使っちゃった、など)
で、馬岱の子孫の話ってあるのか?って話なんですが、あってるかどうかは知りませんがなくはないです。

1.馬岱の孫かひ孫?な話

晉大司農關中侯裴祗墓碑』という、晉元康三年(293年)に作られた晋の裴祗さんの墓碑があります。ちなみに書道関係でも名文とのことです。正面が61字・背面が32字から成ります。

正面(碑陽)
晉大司農關中侯裴祗字季贊
河東聞熹人也春秋六十有七
元康三年七月四日癸卯薨十
月十一日己卯安措
太夫人東莞東武伏氏
夫人秦國陳倉馬氏

背面(碑陰)
太夫人柩止西筩
府君柩止北筩西面
夫人柩止北筩東面
女惠庄柩北筩東入

表面には裴祗さんの家族のことが書いてるみたいなんですが、一番下に「夫人秦國陳倉馬氏」とあります。奥さんが陳倉の馬氏。陳倉といえば陳倉侯馬岱ちゃんです。まあ、関係ないかもしれないですけどね。
この碑ができたのが293年頃っていうんであれば、馬岱ちゃんの孫かひ孫だったらいいなーとか。
===================
2.馬岱の子孫の兄弟
台湾で編纂された『清史稿』という史書があります。時期は戦後なのでむっちゃ新しいです。wikiをリンクしときました(略すな)

史記・漢書・後漢書 ・三国志・晋書とかの有名どこr「二十四史」にはこの『清史稿』には含まれませんが、それに2つ足した「二十六史」には含まれるんだそうです。 (『清史』は台湾ですが、中国が現在編纂している『清史』もあるそうです。来年完成予定だそうです、何か楽しみ)

全書536巻。本紀25巻、志142巻、表53巻、列伝316巻からなります。清太祖ヌルハチが建国即位した1616年から辛亥革命で清朝の幕が下りる1911年までの合計296年に及ぶ歴史が記されてます(戦の混乱の中で編纂された時もあって、ちょっとどうなのよ的な部分もあるそうですが)

で、中国本土ではマジで載ってない馬岱ちゃんの子孫を名乗る人物がこの『清史稿』に出てきます。

《清史稿‧土司傳》:清史稿・土司(巻512〜517)「黎州土百戶,漢馬岱後。其先馬芍,於明洪武八年世襲安撫司。萬曆/歷十九年,馬祥無子,妻瞿氏掌司事,與祥姪搆/構釁,降韆戶。順治九年,馬高歸附,仍授原職。乾隆十七年,改百戶。知大田副土百戶,乾隆十七年,因防麯麯鳥,奏請添設副土百戶一員,世襲。古鬆坪土韆戶,其先馬比必,康熙四十三年,歸附,授職。」原文のリンク→清史稿・列传三百

この馬芍さんは雲南の人だそうです(「明史」巻311)。
で、彼に続いて載ってる馬祥さんとか馬高さんとか馬比秘さんとかも血縁関係かと思われ。

で、『明史』では馬姓としか書いてなかった馬芍さんが清史稿では『漢馬岱後』と記述されたのは、同じく清の初めに「漢将馬岱後(馬岱の子孫?)」で黎州宣慰司の馬京馬亭という兄弟がいたからで。多分。
なんかこの辺、明と清の入れ替わり時期なのでややこしいですね

《蜀碧》清 彭遵泗撰の巻三
「黎州宣慰司馬京及弟亭,起兵討賊。初,賊以蜀人易製,惟黎、雅間土司難於驟服。用降人為招誘,鑄金印齎之,易其章。馬京者,漢將馬岱後也,年十六。得印,擲之地,誓眾不服。時偽遊擊苗姓,率眾赴黎、雅任,京密令通把調集番眾,與亭攻之,擒偽弁七十餘人。於演武廳申明大義,斬首祭旗,起兵討賊。馬京、馬亭及土千戶李華宇、指揮丁應選、富莊七姓,與賊戰於龍觀川,大破之,斬其偽帥方總兵。」

黎州宣慰司の馬京と馬亭兄弟が賊張献忠に対抗したという文です。順治2年ごろ。

張献忠は当時「四川大虐殺」とか行っていたぼーくんです。同じく張献忠に対抗したのが、女傑で有名な秦良玉さんです。ちなみに、この良玉さんの旦那さん・馬千乘さんは「馬援の子孫」という話もあります。馬援さんといえば光武帝に仕えた名称で、馬騰パパ・馬超・馬岱ちゃんの祖先でもあります。
もう何でもアリだな

でまあ、兄の馬京の死後、弟の馬亭が千戸を継ぎます(……この辺馬岱ちゃんやな)が、この馬亭も張献忠の部下劉文秀に倒されるのでした(順治7年)。実は読んでみたらその間に張献忠が死んでるんですが(順治3年)、その後も残党がおさまらなかったそうで。で、馬芍さんたちの話になるわけで。

いやーなかなか難解でしたすいませ……。彼らが馬岱ちゃんの子孫だったら個人的には嬉しいんですが、真相はどうなんだろう?もう自称でもいいです。

===================

ちなみに余談ですが、馬超の子孫は美人の国アルメニアに定住したっていう説があります。
まあ俗説でしょうが、アルメニアの英雄Vardan Mamikonian(聖華坦・馬米科尼揚) の祖先が西晋将軍の馬抗で、その方が馬超の祖先ではないか?という説を言いたいらしいです。
どっちにせよ、若とアルメニアとかエキゾチックなので歓迎です。

ということで今回はお開き。
| 馬岱研究 | 23:49 | - | - |